当組合について

信用組合とは

 「中小企業等協同組合法」を根拠法とする金融機関で、協同組合組織による組合員の相互扶助を目的とした金融機関です。銀行は株式会社組織であって、制度の本質上資本金や地域等に関係なく取引できますが、信用組合は原則として中小企業や勤労者など中小企業等協同組合法に定められた一定の資格のある者(組合員)によって組織され、これらの方々を対象として取引をしています。
 なお、個人ローン、預金、為替等については組合員以外の方もご利用いただけます。

信用組合と銀行の違い

信用組合

  •  信用組合は利益を追求することを目的とした金融機関ではなく、地域や組合員の皆様の発展に貢献することを目的とした金融機関です。
  •  信用組合の経営に参画いただく方は、一般のお客様の中から出資をして頂き組合員になって頂いた皆様(お客様)です。このため、信用組合は組合員(お客様)の利益を第一に考えた経営ができます。

一般の銀行

  • 銀行は株式会社ですので、利益を上げることが第一の目的です。
  • 銀行は、所有者である株主の利益を第一に考える必要があります。

組合員について

 当組合のお客様で出資金をお持ちの方を組合員と称しております。組合員になられますと、個人ローンの金利が低くなるサービスや5万円以上の振込手数料が安くなるなどのサービスを受けることができます。
 組合員は当組合の営業地区内に居住する方、または同地区内において事業を行う中小企業、小規模の事業者(一部制限あり)及び勤労に従事する方が対象となります。
 出資額は定款上1口1,000円と定められておりますが、1万円以上の出資の方には定期預金キャンペーン時における特典がご利用いただけます。
 この出資金は預金とは異なり預金保険の対象にはなっておりませんが、事業年度ごとに当組合の事業成績に応じて配当金が支払われます。詳しいことは、最寄りの営業店でお尋ねください。

「しんくみ」のお役立ち宣言

1.地域の中で真面目に働いておられる方々を応援します。
2.お客様の繁栄のためによく相談しながら前向きにお手伝いします。
3.組合員の皆様とトコトンお付合いさせていただきます。

福岡県中央信用組合概要(平成29年3月31日現在)

設立 昭和32年4月
理事長 坂本 義治
組合員数 33,071先
本店所在地 福岡市中央区赤坂
営業区域 福岡市ほか12市5郡
店舗数 20店舗

主要な経営指標の推移

(単位:千円)

区分 平成26年度 平成27年度 平成28年度
経常収益 2,542,694 2,365,170 2,497,337 
経常利益 826,307 630,848 595,013
当期純利益 554,620 450,597 485,841
預金積金残高 92,708,082 95,757,609 102,768,172
貸出金残高 83,037,818 87,413,319 96,479,636
有価証券残高 4,008,179 4,010,476 4,014,299
総資産額 99,040,968 109,898,786 135,771,087
純資産額 5,360,950 5,822,484 6,322,503
自己資本比率(単体) 7.20% 7.48% 7.26%
出資総額 1,034,946 1,056,258 1,080,934
出資総口数 1,034,946口 1,056,258口 1,080,934口
出資配当金 10,375 10,498 10,788
職員数 146人 158人 154人

(注)残高計数は期末日現在のものです。

ページトップ